森と小川の教室 公式サイトへようこそ

子どもの生きる力を養う教室

ブログ(最新記事5件)

※過去の記事は、「サイトマップ」ページのブログ欄より閲覧ください。

2020年

7月

28日

第4回「森と小川の教室」休講のお知らせ

「森と小川の教室」参加いただいているみなさまへ

 

 

8月8,9日に開催を予定しておりました第4回「森と小川の教室」の開催を中止と致します。

 

 

この間、スタッフで(それもオンラインですが)議論いたしました。

ここ数週間で感染確認者が広がっていることや、暑い時期の開催で感染症防止対策と熱中症対策の両立が難しいことから、大変残念ですが第4回の教室開催を断念するに至りました。

 

第3回教室開催前に第4回の出欠のご意向もお伺いしており、大変楽しみにされていたことと思います。申し訳ありません。

 

 

「森と小川の教室」はお休みになりますが、本教室に参加されているみなさんの学びは誰にも止められないと思っています。

それぞれが過ごす環境の中で、「自分の力を自分で伸ばす」ことにチャレンジされることと期待しています。

次に出会うときには、一回りも二回りも成長したみなさんと出会えることをスタッフ一同楽しみにしています!

 

「森と小川の教室」スタッフ一同

2020年

6月

05日

第2回ごあんない

2020年度参加者のみなさまへ

 

第1回の教室は、オンラインで短時間の開講となりましたので、第2回目のごあんないは、今年度の受講証の形で送ります。

 

(うっかり、かもめーるはがきを使ってしまったので、表書きが森と小川の教室のロゴと重なってしまいました・・・申し訳ありません・・・)

R2「森と小川の教室」受講証.pdf
PDFファイル 41.9 KB

2020年

4月

18日

令和2年度の募集を始めます!

今年度の参加者募集を開始します。

 

本教室は開設時から、社会を切り開く力を備えた人の育成を目指し取り組んできました。

本教室のプログラムを創りだした、故 小野喜一郎氏が「これからの未来は地球環境の変化や人の社会構造の変化などにより、ますます生きることが難しくなるであろう。そんな社会の課題を解決し、生き抜く力を持った人を育てなければこの社会は持たない。」そんな想いから、本教室を開設したときからずっと変わらないテーマとして開講してきてました。

 

今、新型コロナウイルス感染拡大がものすごいスピードで地球全域に広がっています。そして、今まで「当たり前」であった生活がそうでなくなり、まるで映画の世界のような社会が現実となりました。先が見えぬ日々を強いられるようになりました。

 

そんな中であっても、自分の力を自分で伸ばし、自分のことは自分でやり、人に迷惑をかけず、みんなと仲良くする、そんな子どもたちを育むために、今年度も本教室をスタートさせたいと思います。

 

しかし、今はウイルスの感染拡大を防ぐために、人との接触を最小限にすることが最優先です。そのため、第1回5月の教室はひとまず休講とします。人との接触をせずに、本教室の学び方を間接的にでも提供できる方法を考えていきたいと思います。

 

みなさまの参加をお待ちしております。

 

申し込みはこちらから⇒ 申し込みフォームへ

 

 

 ※今年度も、宇津自治会のみなさまのご厚意により、引き続き宇津ふれあい会館を使わせていただくこととなりました。この場をお借りして御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

2020年

1月

31日

第10回ごあんあい

おはようございます。

今年度最終回のごあんないができました。今朝投函しますので、到着まで今しばらくお待ちください。

ごあんないを読んで準備を整え参加してくださいね。

2019第10回ごあんない.pdf
PDFファイル 171.9 KB

2020年

1月

05日

第9回ごあんないができました

みなさん、あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2020年はどのような年にしたいですか?していきますか?

 

来週末、みなさんに出会えることを楽しみにしています。

2019第9回ごあんない.pdf
PDFファイル 168.0 KB

facebook

昨年度(2020) 参加児童・生徒募集案内リーフレット

2020 表紙.pdf
PDFファイル 645.0 KB
2020 裏.pdf
PDFファイル 296.0 KB

指導スタッフ募集

森と小川の教室では、指導スタッフを随時募集しております。

森と小川の教室は、指導者自身の学びの場。
自然の教育力による「教え込まない指導方法」を一緒に実践しませんか?

スタッフ
主催
「森と小川の教室」実行委員会

後援実績
京都府南丹教育局
南丹市教育委員会
京都市教育委員会

協力
京都府立植物園